大人気の白猫プロジェクトを遊んでみました

公開日: 

今まで色々なスマートフォンのアプリゲームで遊んできて思ったのは、ガチャが主軸のゲームが多すぎるということです。それだけならば良いのですが、どうにも課金を前提としたゲームばかりで心休まる暇がないイメージが強いのが苦手でした。そんな心の不安を一掃してくれたのが「白猫プロジェクト」です。元々そういうゲームにうんざりしていたところに、友達からガチャできるだけの石がたくさん貰えてストレス発散できるゲームあるよと教えてもらったのが白猫プロジェクトでした。本当にそんな気前の良い運営がいるのかな?と少し疑い深かった私ですが、白猫プロジェクトを遊んでみて評価は一変しました。確かに、キャンペーンでもガチャ用の石(以下ゲーム内名称ジュエル)がたくさんもらえるし、ストーリーを進めていくだけでどんどんジュエルが手に入ります。その流れで私も装備ガチャとキャラクターのガチャをどんどん回してストレス発散になりました。確かにこれは課金者だけじゃなくて、無課金のプレイヤーも遊べるのは間違いありません。それに、白猫プロジェクトは色々なユーザー層にとっつき易いゲーム性だと思うのです。簡単に言えば、直感的に遊ぶことができます。スマートフォンのゲーム性として、一番好かれるのは片手で遊ぶことができるゲームであることと、全国のプレイヤーと一緒に遊ぶことができるマルチプレイ要素があるかどうかです。このゲームはその両方を満たしています。片手でタップするだけで敵を攻撃して遊ぶことができて、協力プレイをしてダンジョンを突き進んでいく達成感もありました。これなら電車内でも気軽に片手で遊んで、仲間との連帯感も味わえて満足できるだろうなと納得いきます。そして魅力的に感じたのが、コラボ企画です。私は七つの大罪という漫画が好きなのですが、七つの大罪キャラがこのゲームの使用キャラとして登場しました。こういった漫画やアニメ、他のゲームとのコラボレーション企画を定期的にやってくれるのはかなりの良ポイントです。

PAGE TOP ↑