白猫プロジェクトで登場するキャラの思い出話

公開日:  最終更新日:2015/12/09

白猫プロジェクトを何ヶ月もプレイしていたので、個人的に好きな登場人物が数多くいます。真っ先に思い浮かぶのは、キャトラという白猫です。猫なのに毒舌であり多く皮肉を言ったりするのですが、なぜか憎めません。もし自分が家で猫を飼うとしたらキャトラのように、一緒にふざけ合いながら話ができる猫がいいなと思います。

次にカッコ良かったなと思うのが、鍛冶屋の主人バロンです。正体はライオンなのですが、誰かの密命を受けているらしく神秘的な印象を受けるのです。古代の話にも詳しくその知識量の多さに驚かされます。鍛冶屋はもともと武器のレベルアップのために建設するものなのですが、このバロンを見たいがために鍛冶屋を建設する人は私だけではないはずです。

そして外せないのはやはりアイリスです。女性のプレイヤーである場合、やはり感情移入できるのは女性のヒロインなのです。森の中で長年眠っていた美少女という設定がまずロマンチックです。その眠っているところをイケメンの青年に起こされるというシーンも幻想的で胸がドキドキします。辛いルーン探しの旅路も王子様と一緒なら大丈夫、と思ってしまいます。女性キャラクターならではの魔道士という職業も気に入っています。女性は近距離戦はまず無理ですが、遠くから魔法で敵を攻撃したり、傷ついた仲間を回復することでチームに貢献していると感じることができます。

また少しお茶目に感じたのはダンテです。騎士団の団長というリーダー的な立場にいるので普段は優しさがにじみ出ていますが、かなり競争好きで人間味溢れるところも垣間見ることができます。普段は優しいのに、いざとなると戦いに出て勇敢な姿を見せる男性は素敵に見えますね。もしも白猫プロジェクトのキャラクターの中から一人を選んで結婚するとしたら、間違いなくダンテでしょう。騎士団の団長の妻という立場も悪くありません。

逆に白猫プロジェクトであまり好きになれなかったのはコジローです。若いのに金を使いすぎて借金を背負ってしまったという点でもうアウトです。堅実にお金をコツコツ貯めて、技術や体力を高める男性とは真逆ですね。こういったダメ男にはあまり魅力を感じないのです。

PAGE TOP ↑