白猫プロジェクトの操作性は群を抜いて良い

公開日:  最終更新日:2015/09/27

 白猫プロジェクトを語る上で欠かせないのは、その操作性についてです。このゲームをプレイしたことがある人なら誰でも操作性の良さは文句なしに認めるところで、そこがこのゲーム最大の長所と言っても決して過言ではないはずです。

 どんなに優れた要素を有しているゲームであっても、操作性の悪いゲームは敬遠されてしまいやすいです。操作性が悪いとゲームをしているリズムが悪くなってしまいますし、そのリズムの悪さがおもしろくなさにつながってしまいます。しかし逆を言えば、操作性のしっかりしたゲームはそれだけでおもしろく感じやすく、繰り返しプレイしたくなってくる中毒性があります。この白猫プロジェクトはそんな操作性が抜群のゲームで、だからこそ多くの人から「おもしろい!」と絶賛されているのです。

 具体的にどう操作性が良いのかというと、ぷにコンと呼ばれる操作方法がその中心です。スマホの画面のどこをタッチしてもキャラが移動し、タップすることで戦闘がすぐに始められ、長押しすることでスキルの発動が可能です。これならば面倒くさい操作は一切ありませんから、キャラクターを文字通り自由自在に操作することができます。自由自在に操作できるとゲームの中の世界観に没入することができますから、やめどきを失ってしまうくらいゲームにのめり込んでしまうのです。

 それだけのめり込んでしまうと、ついつい夜更かししてまでやり込んでしまうこともありますが、それこそが白猫プロジェクトの操作性の良さを証明しているともいえます。開発陣は相当考えた上でこの操作性の向上という課題に取り組んだのでしょうし、その結果が白猫プロジェクトの大ヒットへとつながっていったのです。

 また、その魅力はもちろん操作性だけに限らず、ゲームシステムや戦闘の快適さといったベースの部分にも言えることです。つまり、白猫プロジェクトはRPGとして非常に高いクオリティーを発揮しており、それが高評価の理由といえます。

PAGE TOP ↑